1階には虫が沢山入ってくるというリスクがある。

今の家は中古の分譲マンションを購入しました。駅から近く価格が手ごろで間取りが気に入って購入しました。住んでみて気付いた事は1階という不満です。ダイニングからぐるりに1階ならではの庭があります。道路に面していないので通行人からは見える立地ではありません。各部屋全てその庭に通ずる大きな窓件扉があります。購入前はその大きな窓から十分に光を確保出来、夏場には風通しも良く涼しそうだなと思っていました。住んでみて初めの内は泥棒が入ったらどうしようと思っていました。4年目になりますが、何となく大丈夫だろうと思っています。しかし、1階特有の問題としてはその大きな窓から虫が入ってくる事です。庭のある家に住んだのは初めてです。庭は泥棒対策として先の住民が砂利を全面に敷いてくれています。庭を囲う様に樹木が植わっています。頑丈な木々なんだと思います。わざわざ水をやった事はありません。自然の雨と太陽だけで育っています。その土から出てくるのか初年度は夏に虫が沢山出てくる事に恐怖を覚えました。クーラーを使用するよりも出来るだけ自然の風を窓を大きく開けて感じたかったのにそれができません。虫が入ってくるのではという恐怖ばかりあります。翌年の初めての梅雨にはナメクジです。夜寝ている時にナメクジが家の中に入ってきて顔に這ってきたらどうしようと言う恐ろしい想像もしてしまいました。秋、冬場は全く虫で困る事はありません。産まれた時から都会に住んでいる私にとっては虫は恐怖でしかありません。主人に言うと直ぐ様対応してくれました。窓と庭の境目には春頃に虫除けの粉を撒きました。その薬のお陰で虫が自宅に入ってくる事は無くなりました。しかし、その薬は一年中そこにあります。綺麗な庭を夢見ていましたが、その粉薬は手放す事が出来ません。洗濯を干している時にその上に洗濯物を触れてしまうと洗濯のやり直しです。少し気を付けながら生活をしないといけないこの環境は少し不満です。