外食を減らすために、気分が上がるキッチンにしたい

築10年の建売住宅についているのは、今はなきミカドのシステムキッチンです。シンク下やガスコンロの下の収納は引き出しではなく、扉式なので、奥の方にしまったものが、暗くてよく見えない上取り出しにくく、作業効率が非常に悪いのが不満なのです。ここ最近、蛇口もぐらついてきているし、ガスコンロ横のタイルもまるで昭和の風呂場のような味気無いタイルで、ちっともオシャレではなく見るたびに気が滅入ります。対面式でカウンターを挟んでリビングに面していますが、そのカウンターの幅が微妙に狭く、皿もそんなに載せられないし、食事ができるわけでもなく、手元の目隠しだけのためのカウンターです。また背面収納が無く、自分で買ったキャビネットを置いてしのいでいるけれど、キッチンと色や材質が合っていないので統一感がなく、ちぐはぐな感じがしています。照明の位置が悪いせいか、手元に影が落ち、これもイライラのポイント。とにかくその場に立つだけで陰鬱になるキッチンが大いに不満です。料理をするのは私だけなので他の家族はなんとも思っていないと思いますが、このキッチンのせいで家で料理する気が起こらず外食の頻度が上がっているので、リフォームで気分が上がるキッチンにして外食を減らすことができれば、節約にもなり家族のためにもなると思います。まずは対面式をやめて、L字型が希望。Lで囲むようにダイニングテーブルを置き、作ったそばからテーブルに出していけるような動線の良いキッチンがいいですね。そしてタイルや扉パネルも自分好みのフレンチスタイルのインテリアに合うような感じに。収納はもちろん引き出し式で収納も増やしたいです。食洗機も今よりも容量の大きいものにしたいし、家電やゴミ箱もすっきり収納できる専用の置き場を確保したいです。でもキッチンの移動は費用がかかると聞くし、リフォーム中はキッチンが使えなくなるので家族の食事が大変になるなど不安はあります。毎日、多くの時間を過ごす場所だからこそ、おしゃれで動線の良い作業効率と気分が上がる素敵なキッチンがあれば、手作りの食事を囲んで和やかな団欒の時間が増えて、家族みんなの幸せにつながると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です