介護保険を使って畳からフローリングに張替えました

高齢化が進む中で、年齢を重ねていくと身体的にも衰えがでてきて、今まで済んでいた住宅を年齢と共に変えていかなければならなくなることもあります。

特に脳梗塞など高齢になって病気をしてしまい、長期間入院をしてしまった時は、自宅退院する時に介護保険のサービスを利用しながら生活をしなければいけなくなることもあるでしょう。

その中で、住んでいる住宅を退院時に介護保険を申請、認定を受ければ、改修内容によって住宅改修をすることができます。その対象の一つとして、住宅居室の畳からフローリングに張り替えも介護保険内で適用の一つにあります。

限度額は20万までというのが厚生労働省の決まりとしてあり、その範囲内であれば住宅改修が可能です。まずは介護保険の認定を受けていなければ申請をし、認定を受けた時点で、居宅介護支援事業所や地域包括支援センターのケアマネジャーに担当を依頼する必要があります。

その後、依頼を福祉用具の会社にケアマネジャーよりしてもらい、住宅状況の確認から実際の工事見積、申請書類など作成、行政に提出してもらい許可が下りれば工事開始となります。

介護保険ではより自宅で長く生活ができるよう、住宅改修などの対応もしてもらえることができるので、有効的に活用をするべきです。フローリングであれば、いずれ歩行が難しくなった時に車いすなども利用し、自宅内で押しやすい環境も作ることが出来るので、畳からフローリングに変更できればより長く住み慣れた家で生活を送ることができます。

ただしフローリングになると、滑りやすくなることもあるので、自宅内歩行時は注意が必要ですし、もし何か捕まるものが必要であれば、手すりなども介護保険の住宅改修で依頼することもできるので、その時の自分の身体の状況にあわせて介護保険を活用するべきです。

介護保険の内容を理解すれば、より生活を長期的に送る様々なサービスが沢山ありますので、是非活用して下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です