キッチンをリフォームしたいと思ったきっかけは子供のため

新築の家をたてましたが、キッチンが使いにくく、いつかはリフォームをしたいと思っています。家全体は気に入っているのですが、どうしてもキッチンは使いにくさを感じてしまいます。その理由はいくつかあります。

1つめは、水道の蛇口が伸びるタイプではないため、掃除がしにくいこと、2つめは水道の蛇口が伸びないことによって、小さい子どもが自分で水道を使えないこと、3つめは料理をする際の作業台が少ないこと、4つめは収納スペースの少なさ、5つめはキッチン上の収納の使いにくい高さにとても不便を感じます。

水道の蛇口は伸びるタイプへ交換することで、子どもも自分で手を洗ったり、お皿を洗ったりしやすくなるでしょう。そして、今は掃除のときに、水が無駄に流れてしまいもったいないと感じ、掃除もしにくいので、蛇口が伸びればかなり水の節約と掃除時間の短縮につながり、家計と時間の節約にもなります。

また、料理をする際の作業台を確保すると、安全に子どもと一緒に包丁を使ったり、お菓子をつくったり、材料を並べたりと安心して落ち着いて作業をすることができます。今の作業台では子どもと2人並んで作業をするスペースの確保が難しく、シンクや床に物(食器や包丁、材料など)をおとすなどの危険が伴います。収納スペースを増やすことによって、今出しっぱなしになってしまっているものをしまうことができ、より広く作業台として使えます。

あわせて、掃除もしやすくなります。またキッチンの上に吊戸棚の収納がありますが、高さが高く、物をしまうと出すのに不便であることや、中途半端な奥行によって、あまり効率的に使用できていません。子どもが大きくなってくると、一緒に台所で作業をしたり、お手伝いをしてもらったりすることが増えるでしょう。今のままでは不安なので、将来的には安心、安全に使える台所にしたいと思っています。ただ、リフォームをするためにどのように使いやすくするかを考えなくてはなりません。図形的な感覚が優れていないので、本当に使いやすくなるかは心配です。その点はプロと相談をして、よかったと思えるリフォームをしたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です